子欲居(熊猫さん)の備忘録

アクセスカウンタ

zoom RSS 「日本」なる国号について

<<   作成日時 : 2009/03/21 01:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 私は本ブログやホームページの記事において、日本語の数字の数え方が、中国語(厳密には古代中国語)のそれを採用したものであることを何度も指摘してきたが(専門家に言わせれば「今更何を」という問題であるかもしれないが、現在日本人でこれを認識している人は決して多くはない)、今回は数字の数え方だけでなく、国号も中国語であること、正確には国号も漢式に発音していることを指摘したい。

 漢式に発音すると言うことは、訓読みではなく音読みしていると言うことであり、音読みとは言うまでなく古代中国語の漢字発音に基づいているのである。

 日本人は「日本」を「ニッポン」もしくは「ニホン」と読み、ごくまれに「ひのもと」などと訓読みしているが、これは決して正式な読み方ではない。
 「ニッポン」が本来の発音であり、「ニホン」はその「なまった」方だと思うのだが、なぜ「ニホン」との発音が定着したかという問題については、ウィキペディアの記事が正鵠を得ていると思うのでリンクしておく。

 何にしろ、我々日本人は、その点、韓国朝鮮人、ベトナム人もそうだが、国号さえ、漢式発音で読むくらい、中国文化の影響を受けているのである。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「日本」なる国号について 子欲居(熊猫さん)の備忘録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる